人工透析・夜間透析 南海田病院



野球の神様

 

― 野球の神様 ―


 10月28日 “打撃の神様”と称された読売巨人軍元監督川上哲治氏の死去が確認されました。体を極限まで酷使するプロ野球人としては長寿といえる93歳での大往生でした。
 戦前戦後を通じてプロ野球の発展とイメージアップに貢献し、”赤バット“”弾丸ライナー“は選手時代の代名詞となりプロ野球人気を不動のものにしました。又、現役引退後1961年第8代巨人軍監督に就任後も〝哲のカーテン”と呼ばれた報道規制、米国大リーグドジャースから導入したブロックサインなど今までにない管理野球を駆使し、1965年~1973年の9年間で不滅の”V9”を達成しました。連覇が大変であることは言うまでもなく、巨人軍の“V9”以降連覇を果たしたチームは当地の広島カープ 西武ライオンズ 阪急ブレーブス(オリックスブレーブスの前身)の3チームだけです。選手は生き物で9年間チーム状態を毎年調整し併せて選手管理をして勝ち続けるプレッシャーは凡人には全く想像できません。
 マスコミと選手の狭間に立ち心が折れそうになりながらも自分の信念を曲げずチーム状態と信頼関係を維持し続け偉業を達成した手腕はまさに神業でした。

 

 野球の神様とか女神様が球場にいてどちらかのチームに幸運をもたらすことがあります。
 日本シリーズ第7戦はまさにそんな感じに包まれたゲームで東北の希望である楽天イーグルスが強敵巨人軍に3-0で勝利しシリーズ4勝3敗で日本一に輝きました。
 場面は1回表裏の攻撃の際に同じように神様がさっそく降りてきて、両チームにチャンスをもたらしましたが、巨人は生かせず楽天は相手エラーで先制点を奪いました。マギーの放った強打が坂本選手の正面に飛び一瞬ため息が漏れましたが、その後歓声に代わりました。坂本選手がとる瞬間ゴロが不規則に弾みクラブをかすめていきました。震災後も様々な試練に苦しむ東北の人達の願いが女神さまに通じて1点をプレゼントしてくれたかのような先制点でした。その後も順調に追加点を重ね3点のリードとしました。投げては美馬・則本の盤石な投手リレーによって巨人に得点を与えませんでした。
 そして東北の人達と楽天ファンが待ち望んでいた瞬間がやってきました。第6戦で9回160球を超える完投を果たしたマー君がコールされたのでした。前日試合には負けましたが、促されてもマウンドに立ち続け仁王立ちとも立ち往生とも形容できる魂を揺さぶる熱投でした。この熱投に対し神様と女神様は最後のプレゼントを用意していたかのように、球威のないマー君にランナーを出すものの最後の打者を3振に打ち取り見事なリリーフを果たさせました。

 

 初めて日本一監督となった星野監督は感想を聞かれ自分のことは二の次で選手をまずほめてもらいたいと球場のファンに言い放ちました。次に、被災者に向けて1・この2年間約束を果たせず申し訳なかったこと 2・日本一が少しでも勇気につながればうれしいことをコメントしました。
楽天ファンと球場のファンの歓声に揉消され聞き取りにくいコメントとなりましたが、思いとか希望を持ち続けることの大切さを教えてくれました。
星野監督は打倒巨人を生涯の目標にしていましたが、故川上元監督のことは密かに尊敬し背番号も同じ『77』番をつけていました。それに対し原監督は現役背番号にちなんで『88』番をつけていましたが、星野監督に”打撃の神様“が乗り移ったかのような采配で王者巨人を撃破しました。さすがの王者も野球の神様(女神様も含む)と打撃の神様の連合軍にはかなわなかったようですね!




このページの上部へ